BLOG ブログ

御骨から放射線?

僕自身何かと縁がある、福島県

いつも、中通りというエリア(阿武隈とか)その辺のエリアに行くんですが

今回は福島県の南相馬というエリアに行きました。

 

ナビの設定?のせいなのか

「浪江IC」ではなくてその前の「常磐富岡IC」で車おりまして、

大熊町→浪江の町と行ったんですが、

 

色々と考えさせられるエリアでした。

場所によっては、1.6μSv/h(時間で1.6マイクロシーベルト)の場所もあったり

まだまだ、復興とは程遠い場所もありました。

 

その辺の町の話はyoutubeとかでお調べください。

 

話を変え

 

御骨からどれくらいの放射能が出るのか?

というお話をします。

お客さんが改葬の為、受け取り元のお墓の事も考え実施しました。

 

 

もちろん、震災の前に埋葬されたお骨でしたが、

お客様、僕自身、新たな埋葬先の為

 

線量を調べてみることにしました。

 

測定方法としては、

・室内

・蛍光灯がついてる(LEDじゃないよ)

・装置はケニス株式会社のA2700という機械

・測定方法は5回測定した平均値

 

●通常の空間の数値が平均が0.071μSv/h(作業所の中)

 

①御骨(壺に入ってなく直接撒いてある)が、平均0.082μSv/h

②御骨(壺に入っている)平均0.119μSv/h

※②は骨壺(陶器)から出るから少し高めです。

 

という結果、骨壺のお骨は骨壺のまま計ったので

多少高めではあります。

 

 

専門家じゃなく、正式なエビデンスも出せない

あくまでもセルフスクリーニングです。

参考の程度ですが、以上の数値となりました。

 

安全か安全じゃない?はここでは記しませんので

悪しからず、もし、自分と同じような調査をする場合は

「放射線サーベイ調査」という形で専門の研究機関にお問合せください。

 

参考、程度で申し訳ないです。